札比内神社の由緒

札比内神社 鳥居神社・パワースポット
札比内神社 鳥居
スポンサーリンク

札比内神社について

所在地とアクセス

札比内神社は、北海道樺戸郡月形町字札比内999番地に位置しています。国道275号線沿線を利用してアクセスできます。公共交通機関では、難しい場所です。

祭神と特徴

札比内神社では、主に天照大神(あまてらすおおかみ)をはじめとする七柱の祭神が祀られています。その他には品陀別命(ほんだわけのみこと)、健御賀豆智命(たけみかずちのみこと)、天児屋根命(あめのこやねのみこと)、大己貴神(おおなむちのかみ)、大国魂神(おおくにたまのかみ)、少彦名神(すくなひこなのかみ)が祀られ、これらの豊富な祭神が札比内神社の特徴的な面を形成しています。社殿は神明造の様式を採用しており、境内面積は約5,577㎡に及びます。札比内神社は、明治45年の開拓時に創祀された歴史ある神社で、合祀された歴史を持ち、境内には坂口茂次郎翁顕彰之碑もあります。
毎年9月12日には例祭が行われ、地域の人々によって賑わいます。札比内神社は月形町の文化や歴史を伝える重要な場所として、訪れる人々に静寂と和やかさを提供しています。

札比内神社 坂口茂次郎翁顕彰之碑
札比内神社 坂口茂次郎翁顕彰之碑

札比内神社の歴史

創立

札比内神社は明治45年に札比内地区が開拓されると同時に創祀されました。この神社は、地域の開拓者たちによって守り神として奉られ始めた神社であり、開拓当初の苦労と希望が込められています。最初は簡素なものでしたが、地域社会の発展と共に、その地位も高まりました。

歴史的背景

札比内神社の歴史は、その後も多くの変遷を経ています。当初の場所から、岩本農場の高台に移転した後、月形の北へと場所を変え、最終的に新宮農場との合祀を経て現在の場所に定着しました。これらの移転や合祀は、それぞれの時期の社会状況や地域社会のニーズを反映しており、札比内神社は常に地域の中心としての役割を果たしてきました。合祀された神々は、天照大神(あまてらすおおかみ)をはじめとする複数の神々で、地域の守護と繁栄を願う住民の信仰を集めています。
また、社殿は神明造の様式を採用しており、18坪(約59.5㎡)の広さを有しています。境内は1,690坪(約5,577㎡)の広さがあります。この社殿や境内の広さは、神社の歴史の深さと地域住民からの厚い信仰心を物語っています。
札比内神社は、その長い歴史を通じて、地域の人々の生活と密接に関わり、支えてきました。昔も今も変わらず、参拝者に穏やかな安らぎを提供し続けています。例祭日の9月12日には、地域住民が一堂に会して神社を盛大に祀り、神々への感謝とこれからの繁栄を願う行事が行われています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました