札幌の聖地:三吉神社と出世稲荷社

三吉神社 社殿北海道神社・パワースポット
三吉神社 社殿
スポンサーリンク

三吉神社について

所在地とアクセス

三吉神社は、北海道札幌市中央区南1条西8丁目17番地に位置しています。最寄り駅は市電西8丁目停留場ですが、地下鉄西11丁目駅、地下鉄大通駅からでも、さほど遠くありません。旅程に合わせて選ぶと良いです。駐車場は数台分しかないため、休日には入れない可能性もあります。

丁度貸し切りの市電が来ました。初代の車両ですね。普段はもっと進化した車両が走っています(笑)。なんと乗客は一人!一人で借りたようです。

御祭神とご利益

三吉神社では、大己貴神(おおなむちのかみ)、少彦名神(すくなひこなのかみ)、藤原三吉神(ふじわらのみよしのかみ)、金刀比羅宮(こんぴらぐう)、天満宮(てんまんぐう)など、様々な神々が祭祀されています。これらの神々はそれぞれ健康、学問、商売繁盛、航海安全など、多岐にわたるご利益があるとされています。三吉神社は出世稲荷社と敷地内で隣接しており、ともに札幌市民の心の支えとなっています。写真右の鳥居の場所が出世稲荷社です。

学問の神様としての信仰

三吉神社は、学問の神様としても知られています。特に、社務所では大学合格や試験に向けての成功を願う学生たちの姿が見られます。神社が祭神として祀る少彦名神(すくなひこなのかみ)は、知恵と学問の神様であり、訪れる人々に知識と学びの道を開く力を授けてくれると信じられています。毎年、新学期の始まりや受験シーズンには、多くの学生や保護者がこの神社を訪れ、学問成就や合格祈願のお守りを求めています。

勝利成功・事業繁栄の守護神

また、三吉神社は勝利や成功、事業の繁栄を願う神社としても広く信仰されています。境内に足を踏み入れると、ビジネスマンや経営者たちが仕事の成功や企業の発展を願って祈りをささげる姿が見られます。祭神である大己貴神(おおなむちのかみ)は、広大な力を持つ神様として、成功への道を切り拓き、困難を乗り越える力を授けてくれるとされています。三吉神社では、そんな神様の力を信じ、手強いビジネスの競争や挑戦に直面している人々が訪れ、神頼みをしています。
三吉神社は、札幌市中央区に位置し、学問やビジネスにおける成功を願う人々のサポートをしてくれる神社です。訪れるすべての人に平和と繁栄をもたらすことを願い、神様のご利益に感謝しつつ、札幌中心部の穏やかな雰囲気の中で祈りをささげることができます。

歴史と背景

三吉神社の創建は明治11年(1878年)にさかのぼります。秋田県太平山鎮座の三吉神社の御分霊を豊平川東詰に奉斎することから始まりました。明治12年(1879年)には現在の位置へ遷座しました。長い歴史の中で例祭日の変更や大祭の復活など、多くの変遷を経て今日に至っています。特に昭和52年(1977年)には社殿及び社務所を造営し、翌年には百年記念大祭を執行するなど、その歴史を今に伝える重要な出来事が数多くあります。また、昭和60年(1985年)には46年ぶりに神輿が市内を巡行し、地域の人々との絆を深めました。

境内と建造物

三吉神社の境内には神楽殿があり、お祭りには奉納能が行われるなど、伝統文化が今も受け継がれています。厳かな雰囲気の中で、訪れる人々に平穏や幸福をもたらす場となっています。また、その美しい境内は四季折々の自然美を満喫することができ、都市の喧騒から離れた穏やかな時間を楽しむことができます。

月替わり御朱印とその他の業績

三吉神社では、月ごとに異なる御朱印が頒布されており、初穂料は各500円で受け取ることができます。これらの御朱印はデザインが変わるため、集めることがひとつの楽しみとなっています。また、札幌市民だけでなく、遠方から訪れる旅行者にとっても魅力的なポイントと言えるでしょう。三吉神社はその古き良き伝統を守りつつ、訪れる人々に新しい体験を提供し続けています。

出世稲荷社の概要

御祭神とご利益

出世稲荷社は、ビジネス成功や個人の出世、さらには学問の神様として知られています。豊臣秀吉によって聚楽第内に勧請されたとされる歴史を持ち、日々多くの参拝者が訪れております。御祭神は、稲荷神として広く信仰されている宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)です。商売繁盛や仕事運の向上、学業成就など、あらゆる成功を願う人々に対してご利益があります。

出世稲荷社御朱印とその他の情報

出世稲荷社では、参拝者に対して御朱印を頒布しています。御朱印は参拝の記念としてだけでなく、神様のご加護を家に持ち帰るための大切なものとされています。その他、例大祭等の特定の期間には特別な御朱印も用意されているため、季節ごとの訪問がおすすめです。三吉神社の隣に位置しており、三吉神社と合わせて参拝することで、より充実した神社巡りが楽しめます。

令和6年度例大祭は、5月14,15日の開催です。5月14、15日は、例大祭限定の御朱印を頒布しています。

コメント