250年の歴史を誇る登別の刈田神社: その魅力とご利益

刈田神社 鳥居神社・パワースポット
刈田神社 鳥居
スポンサーリンク

刈田神社について

所在地とアクセス

刈田神社は、北海道登別市中央町6丁目24番地に位置しています。電車を利用する場合、JR登別駅から徒歩約20分の距離にあります。また、バスを利用する場合は、JR登別駅から「登別温泉行き」のバスに乗車し、「中央町六丁目」バス停で下車すると、すぐ目の前が刈田神社です。車を利用する場合は、幹線道路からのアクセスも良好で、神社には駐車場も完備されています。
刈田神社を訪れる際には、周辺の観光スポットも一緒に楽しむことをおすすめします。特に登別温泉が有名であり、豊富な温泉施設とともに、地獄谷などの観光名所もあります。また、登別マリンパークニクスや登別国立公園も近隣にあり、ファミリーでの観光に最適です。神社参拝と合わせて、登別市の豊かな自然環境や観光スポットを楽しむことで、より充実した一日をお過ごしいただけます。

刈田神社の概要

刈田神社の境内は約3,000坪と広大で、社殿は神明造の様式で建てられています。社殿の面積は75坪あり、荘厳な佇まいを見せています。祭神は保食神、大物主神、日本武尊の三柱の神々で、古来より五穀豊穣や商売繁昌、航海安全、国土安穏などの御利益があるとされています。刈田神社は氏子世帯数約6,500世帯を数え、その御朱印やお守りも多くの参拝者に求められています。

創祀と歴史

刈田神社 由緒
刈田神社 由緒

刈田神社の創祀は明確にはわかっていませんが、平安朝の時代には妙見菩薩の祠が存在していたとされています。その後、1786年に松前藩士である細田儀右衛門の領地となったことで、妙見菩薩の祠を再建し、保食神を合祀して妙見稲荷社と改称されました。
明治3年(1870年)には白石藩城主片倉小十郎邦憲が胆振国幌別郡へ移住し、刈田嶺神社の御分霊をそこに奉じ、開拓の守護神として合祀しました。さらに、明治4年(1871年)には現在の幌別町一丁目に新しく社殿を建設し、「刈田神社」として改称されました。続いて、四国からの開拓者が金比羅宮の御分霊を奉じて合祀し、地域の信仰を一層深めました。
幾多の変遷を経て、1926年に現在の中央町六丁目へ遷座し、終戦後には神社本庁の包括宗教法人となりました。そして、2021年には社名を「刈田神社」と改称し、150周年を迎えることとなりました。

刈田神社の主な祭神

刈田神社には多くの祭神が祀られており、それぞれが様々なご利益をもたらしてくれます。特に注目されるのが日本武尊と三貴子神社です。これらの祭神は歴史的にも大変重要な存在であり、多くの参拝者がこの神社を訪れる目的の一つとなっています。

日本武尊

日本武尊(やまとたけるのみこと)は、日本の古代伝説に登場する英雄で、その武勇と智謀で数多くの敵を打ち取りました。刈田神社では、日本武尊を国土安穏、必勝、合格、仕事成就、厄難消除、交通安全の守護神として崇拝しています。この神様に祈ることで、困難な挑戦を乗り越える力が得られると言われています。

三貴子神社

三貴子神社は、天照大神、月読尊、須佐之男命の三柱の神様を祀る神社です。これら三柱の神様は、日本神話において非常に重要な役割を果たしており、それぞれ異なるご利益をもたらします。天照大神は太陽と光の神様で、病気平癒や家内安全にご利益があります。月読尊は月と夜の神様で、縁結びや子宝、心の平安を授けてくれます。須佐之男命は海と嵐の神様で、航海安全や厄除けにご利益があるとされています。

大山祇神社

大山祇神社は、大山祇大神 少彦名命(すくなひこなのみこと) 大己貴神(おおなむちのかみ)の三柱の神様を祀る神社です。

刈田神社の魅力

さざれ石の伝説

刈田神社の境内には、「さざれ石」という名の大岩があります。さざれ石とは、もともと小さな石が年月をかけて結合し、一つの大きな石となったものです。この石は、長い時間をかけて少しずつ形作られることから、永続する縁結びの象徴とされています。縁結びを願う参拝者が多く訪れ、その不思議な力を感じ取っています。

縁結びの男石と女石

刈田神社には、「男石」と「女石」という2つの石があり、縁結びの象徴とされています。この男石と女石に触れて祈願すると、男女の縁が結ばれるとされています。このため、縁結びを求める人々が多く訪れ、その効力を信じています。神聖な雰囲気の中で、心からの願いを込めることで、多くの方が縁結びの奇跡を体験しています。

建築と境内の美しさ

刈田神社は、その美しい建築と広大な境内で訪れる人々を魅了しています。神明造の社殿は、堂々たるたたずまいを見せ、多くの参拝者に感銘を与えています。社殿の面積は75坪、境内の面積は3,000坪にも及び、大自然の中に建てられた社殿は時代を超えて美しさを保っています。また、境内には三貴子神社もあり、訪れる人々に日本の古典的な建築美を堪能させてくれます。

周辺の自然環境

刈田神社は登別市中央町に位置しており、周囲には豊かな自然が広がっています。この地域は、四季折々の美しい風景が楽しめる場所として知られています。春には桜が咲き誇り、夏には緑豊かな木々に囲まれます。秋には紅葉が見事に色づき、冬には雪景色が広がります。自然の移ろいを感じながら参拝できるのは、刈田神社ならではの魅力です。また、登別市自体も観光地として有名で、温泉や登別地獄谷などの観光スポットも近くにありますので、一日を通じて楽しむことができます。

イベントと祭り

年中行事と祭礼

刈田神社では、四季折々にさまざまな年中行事と祭礼が行われています。特に、春の大祭や秋の収穫祭は地元の住民にとって重要なイベントです。これらの祭典では、日本武尊をはじめとする祭神に敬意を表し、豊かなる収穫や一家の繁栄を祈願する儀式が執り行われます。氏子世帯数が6,500世帯にも及ぶため、祭りには多くの信者が訪れ、境内は賑わいます。

特別なイベント

刈田神社では、年中行事に加えて特別なイベントも開催されます。その中でも特に注目すべきは、御朱印を求める熱心な参拝者向けに行われる「御朱印受付特別開放日」です。この日は普段とは異なる特別デザインの御朱印が授与されるため、全国から多くの御朱印ファンが訪れます。また、登別市が誇る自然を活かしたイベントとして、神社周辺の散策ツアーも人気があります。これにより、参拝者は神聖な空間である神社と共に、その周辺の美しい自然も楽しむことができます。

御朱印とお守り

御朱印の種類と授与方法

刈田神社では、訪れる参拝者に対して御朱印を授与しています。御朱印は神社を訪れた記念として、多くの参拝者が受け取るものです。刈田神社の御朱印は、祭神の保食神、大物主神、日本武尊といった神々の力を象徴するものとして人気があります。授与方法は、社務所で授与されており、その際には御朱印帳を持参し、神職に申し出ていただく必要があります。登別市を訪れた際には、ぜひ刈田神社の御朱印を受け取ってみてください。

お守りの種類と効果

刈田神社では、多種多様なお守りが授与されています。お守りは個々の需要に応じたものがあり、例えば、航海安全や国土安穏を願うお守り、農業や商売繁昌に効果があるお守りなどがあります。それぞれのお守りは、保食神、大物主神、日本武尊の神々の御力を宿すものとされており、携帯するとそのご利益を受けるといわれています。また、登別市を代表する神社として、訪れる人々の幸せを祈願した特別なお守りも数多く揃っています。お守りの種類に関しては、社務所で詳しく説明を受けることができますので、刈田神社を訪れた際にはぜひお気に入りのお守りを選んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました