出雲大社新十津川分院の魅力と歴史

出雲大社新十津川分院 鳥居北海道神社・パワースポット
出雲大社新十津川分院 鳥居
スポンサーリンク

出雲大社新十津川分院について

所在地とアクセス

出雲大社新十津川分院は、北海道樺戸郡新十津川町中央32−9に位置しています。滝川駅からのバス移動しかないため、自動車での参拝が良いでしょう。新十津川町役場からは約700mくらいで、国道275号線を札幌に向かって走ると、案内の看板も出ています。
北海道神社庁のサイトには載っていません。出雲大社だからです。

出雲大社新十津川分院の創建

出雲大社新十津川分院は、北海道樺戸郡新十津川町に位置し、明治43年に創建されました。この神社は、大国主大神を主祭神としており、地域の開拓者たちによって設立された歴史のある神社です。創建以来、地域社会の精神的支柱として、また、多くの人々の信仰の対象として重要な役割を果たしています。
出雲大社の本社がある島根県から遠く離れた北海道に分院を設けることで、全国にその信仰を広めることを目的としました。新十津川の地が選ばれたのは、当時この地域に移住してきた多くの人々が出雲大社教の信者であったからです。

出雲大社新十津川分院の開拓者たち

この神社の開拓者たちは、主に出雲大社教の教えに基づく生活を送る信者たちでした。明治時代の初期、十津川衆と呼ばれる一群の人々が、新十津川地域に移住し、新たな生活基盤を築きました。彼らは、農地を開拓し、地域社会を形成する一方で、祭祀活動を通じて祖先を敬い、地域の守り神として大国主大神を祀り続けました。
十津川衆は、開拓地での厳しい生活の中でも、出雲大社教の教義を守り、大国主大神への信仰を深めることで多くの困難を乗り越えてきました。このような信仰心が、新十津川分院の基盤を築いた主要な動力となり、今日に至るまで多くの信者に支えられています。
出雲大社新十津川分院は、開拓者たちの信仰と努力、そして地域社会への貢献により、現在も多くの人々に親しまれ、重要な宗教的な場所として機能しています。

出雲大社新十津川分院での祈願

家内安全祈願とは

出雲大社新十津川分院における家内安全祈願は、家族の健康と幸せを願う重要な儀式です。訪れる多くの参拝者が、自身と家族の無事と繁栄を祈願しながら、この祭事に参加しています。特に「令和6年厄年祓・家内安全祈願祭」のような年間行事では、詳細な日程と儀式内容が事前に告知されるため、SNSでの最新情報の確認が推奨されます。

祈祷札・御神酒・御神菓のお下がり

祈願後、出雲大社新十津川分院では祈祷札、御神酒、御神菓をお下がりとして参拝者に授与します。これらのお下がりは、神様の祝福が込められているとされ、参拝者にとって非常に価値のあるものです。祈祷札は家の神棚に納めることで、一年間家庭に平穏をもたらすと信じられています。御神酒や御神菓は、神様との結びつきを象徴し、これをいただくことで心身ともに清められるとされています。

出雲大社新十津川分院の御祭神

御祭神大国主大神とそのお使い神

出雲大社新十津川分院の主祭神である大国主大神は、日本神話において国土を開いた豊かな恵みをもたらす神とされています。北海道新十津川町に位置する当分院では、この大国主大神を中心に祀り、地域の開拓と繁栄を見守っています。また、大国主大神のお使いとされる多くの神々も一緒に祀られており、それぞれが特定の役割や功績を担っているとされています。これにより、参拝者は様々な形で神様のご利益を受けることができるとされています。

大黒様とウサギの石像とその意味

分院の境内には、福徳の神である大黒様の石像と、うさぎの石像も設置されています。大黒様は商売繁盛や家庭の幸福を司る神として知られ、多くの信者から崇敬を集めています。一方、境内に設けられたうさぎの石像は、大国主大神の使者とされ、願いを叶える象徴として設置されていると言われています。このうさぎは、北海道新十津川町の自然と調和し、訪れる人々に穏やかな気持ちを提供してくれます。参拝者はこれらの石像に触れることで、さらなる福徳を願うことができるとされています。
出雲大社新十津川分院は、このように多くの祭神と神話の象徴が組み合わさって、地域社会に対する宗教的な支援を提供している重要な場所です。神社への訪問者は、これらの教えを通じて心の平安を得ることが期待されています。

参拝体験と口コミ

社務所前の景観と雰囲気

出雲大社新十津川分院の社務所前は、その美しい景観で訪れる人々を魅了します。社務所の建物自体が歴史を感じさせる風格を持ち、周囲は整備された庭が広がり、季節の花々が訪れる人々を出迎えてくれます。特に春には桜が美しく咲き誇り、秋には紅葉が静かに院内を彩ります。また、新年の準備として設けられる仮設授与所も、一年の始まりを感じさせる特別な雰囲気を醸し出しています。

初詣の体験とその感想

出雲大社新十津川分院での初詣は多くの信者や観光客で賑わいます。特に、2023年12月22日に公表された「令和6年厄年祓・家内安全祈願祭のご案内」と連動して、多くの参拝者が新年の祈りを捧げに訪れます。初詣の際には、美しく設置された三が日の新年仮設授与所で、御朱印を受けることもできます。参拝者の口コミによると、「新年の初めに大国主大神に祈りをささげることができ、心が洗われるよう」との声が多く聞かれます。また、社務所前の雰囲気が厳かで心地よく、家族連れから一人の参拝者まで、多くの人がその場の空気を楽しんでいる様子が伺えます。

出雲大社新十津川分院の御朱印

出雲大社新十津川分院では、参拝者が神社の記念として持ち帰れる特別な御朱印を提供しています。この御朱印は、神社を訪れた証として大変価値があるもので、多くの参拝者にとって重要なコレクションの一部となっています。
御朱印とは、神社やお寺で授与される印章であり、それぞれの祭神を象徴するデザインが施されています。出雲大社新十津川分院の御朱印には、福徳の神である大国主大神が刻まれており、参拝者にとっては神聖なお守りとしての役割も果たしています。
また、特別な日には季節ごとの限定御朱印も用意されており、例えば新年の初詣には「令和6年厄年祓・家内安全祈願祭のご案内」に合わせたデザインが提供されることもあります。これにより、年々異なる御朱印を集めることが一部の信者間での楽しみとなっています。
御朱印は、社務所で受け取ることができ、対応時間は主に参拝時間内に限られています。参拝前には、新型コロナウイルスの感染拡大状況によって変更される可能性があるため、出雲大社新十津川分院の公式SNSやウェブサイトで最新情報を確認することが推奨されています。
出雲大社新十津川分院を訪れた際には、この神秘的で美しい御朱印をあなたの記念としてぜひ受け取ってください。北海道新十津川町にありますこの神聖な場所で、心新たな祈りを込めた時を過ごすことができるでしょう。

コメント