古平 恵比須神社例大祭の魅力

古平 恵比寿神社 入口神社・パワースポット
古平 恵比寿神社 入口
スポンサーリンク

古平 恵比須神社について

所在地とアクセス

古平 恵比須神社は、北海道古平郡古平町大字浜町989番地に位置しています。余市駅前よりで30分ですが、古平町、積丹町は観光地も多いため、自動車移動が最適です。駐車場はありませんが、国道229号からは外れているため、真横に車を止められます。

恵比須神社例大祭の開催日と祭神

恵比須神社例大祭は、毎年9月の第2日曜日に開催されます。この祭りは、事代主神を祭神としており、大漁や海の安全を祈願する重要な行事です。特に地元の人々にとっては、収穫の感謝と共に、次の年の豊漁を願う一大イベントとなっています。例大祭では、神輿渡御や火渡りなど、多くの伝統的な行事が行われ、地元のみならず多くの観光客もこの祭りを楽しみに訪れます。

古平 恵比寿神社 恵比寿様
古平 恵比寿神社 恵比寿様

恵比寿様は汚れていたので、掃除してあげたくなりました。

恵比須神社例大祭の見どころ

町内を練り歩く猿田彦と神輿、山車

恵比須神社例大祭の一大イベントとして、古平町の町内を練り歩く行列があります。この行列の先頭には、猿田彦が率いる神輿や色鮮やかな山車が登場します。猿田彦は道開きの神として知られ、祭りの安全と成功を祈願しながら勇壮に町を練り歩きます。参加者たちは伝統的な衣装をまとい、太鼓や笛の生演奏に合わせて進行します。この光景は、見る人々に古平の歴史と文化の豊かさを感じさせる壮観なものです。

火渡り神事とその起源

恵比須神社例大祭のもう一つのハイライトは、火渡り神事です。この神事は、例大祭のクライマックスとして、猿田彦が火の中を渡ることで知られています。この行事の起源は、海の安全と大漁を願う古平町の漁師たちが、自らの安全と収穫を守るために神への信仰を示す強い意志から生まれました。火渡り神事では、猿田彦が朱色の装束をまとい、約3メートルの火柱をくぐり抜けます。これは、神々への奉納とも、ご神体を清める重要な儀式とされ、多くの見物客がその勇敢な姿を見守ります。

例大祭の楽しみ方

神輿の渡御を見る

恵比須神社例大祭の一番の見どころと言えば、神輿の渡御です。古平町にある恵比須神社では、地域住民が一丸となってこの神聖な行事を盛大に行います。神輿が練り歩く様子は、見る人々にとって感動的な体験となること間違いありません。一年に一度のこの特別な日、古平町の町並みは、郷土愛や共同体の絆を感じさせてくれる場となります。地址は046-0121古平郡古平町大字浜町989番地にある恵比須神社からスタートし、地域内を巡ります。この渡御を見ることで、古平の伝統や文化を肌で感じることができるでしょう。

火渡り神事を見る

例大祭のもう一つのハイライトは、火渡り神事です。この神事は、例大祭のクライマックスとも言えるもので、猿田彦が朱色の装束を身にまとい、火の中を渡っていく姿は非常に迫力があります。神輿の渡御後の午後8時頃に行われるこの神事は、多くの見物客で賑わいます。火柱の高さが約3メートルにもなり、その熱気とエネルギーが感じられる瞬間は、参加した人々にとって忘れられない記憶となるでしょう。神事には大漁や海の安全を祈願する意味が込められており、古平町の人々にとっては欠かせない重要なイベントです。

まとめ

北海道古平郡古平町に位置する恵比須神社で行われる例大祭は、古平町の文化と伝統を色濃く反映した祭りとして、多くの人々に親しまれています。特に9月の第2日曜日に催されるこの祭りは、神輿や山車が町内を練り歩く様子や、猿田彦が先導する火渡り神事など、見どころが満載です。
祭神である事代主神への奉納として、そして大漁と海の安全を願うこの祭りは、地域住民はもちろん、遠方から訪れる観光客にとっても特別な体験となるでしょう。火渡り神事は、参加者だけでなく見る者にも清められる力があるとされ、多くの人々がこの神聖な儀式を見守ります。
恵比須神社の祭りは、地域の魅力を再発見し、古平町の歴史と文化に触れる絶好の機会です。次回の祭りも、家族や友人と一緒に、この伝統的な祭りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました