知られざる西当別神社の歴史と魅力に迫る

西当別神社 鳥居と社号標北海道神社・パワースポット
西当別神社 鳥居と社号標
スポンサーリンク

西当別神社について

所在地とアクセス

西当別神社は、北海道石狩郡当別町字当別太612番地に位置しています。この神社へはJR太美駅から下車して徒歩10分でアクセスできます。車でのアクセスも可能です。

主な祭神と御神徳

西当別神社の主な祭神には、天照大神、豊受大神、八幡大神、沼河姫神、大國主神が祀られています。天照大神は太陽の神であり、豊受大神は食物の神として知られています。八幡大神は武運と戦勝の守護神、沼河姫神は水流や農耕の守護、大國主神は国造りの神として崇敬されています。これらの祭神たちは、それぞれの御神徳に基づいて多くの参拝者に信仰され、地域の安寧や発展、豊作祈願など様々な願い事が叶うとされています。例祭日は毎年9月15日に行われ、地域住民が多数参加し、賑わいを見せる重要な行事の一つです。

西当別神社の歴史

創建と初期の歴史

西当別神社は、明治26年に「太美神社」として創建されました。創建の際には、各郷里より御分霊を奉斎し、小祠を建立しました。当時の美登江地区では、出雲大社からの御分霊が奉られ、当別太では宇佐八幡大神の御分霊が合祀されました。これらの神々の力を合わせることで、地域の人々の信仰を集めました。

村社昇格と戦後の変遷

明治42年には、「西当別神社」として無格社の認可を受けました。その後、昭和9年に札沼線の開通に伴い、現在の所在地に移転し、境内の整備が行われました。昭和48年には、宗教法人の認可を取得し、正式に宗教法人となりました。この過程で、境外地の売却や社殿の増改築など、数々の改修が行われたことにより、現在の姿が形成されました。

現在の社殿と施設

現在の西当別神社の社殿は、神明造の様式で建てられており、面積は約26坪です。境内の総面積は1,988坪という広さがあります。境内には、多くの氏子や崇敬者が集い、例祭日である9月15日には、多くの人々が神社を訪れて賑わいます。また、社殿やその他の施設も含めて、定期的な修復や整備が行われており、常に清潔で整った状態が保たれています。

西当別神社の特色と見どころ

御朱印と祭り

西当別神社では、訪れる参拝者に向けて御朱印を授与しています。御朱印は神社巡りを楽しむ方々にとって貴重な記念品となっており、訪れるたびに得られるその美しい墨書きは多くの人々に親しまれています。また、西当別神社の祭りは毎年9月15日に例祭日として開催されます。この祭りは地域住民や観光客で賑わい、色とりどりの露店や伝統的な神事が行われます。壮大な神輿の巡行や奉納演舞など、見どころが満載であり、訪れる人々に感動を与えます。

地域との関わり合い

西当別神社は、地域社会と深い関わりを持ちながらその存在意義を高めています。氏子世帯数は1,800世帯あり、地元の人々にとって重要な信仰の場となっています。また、神社の活動は地域行事やイベントの中心として機能しており、住民同士の絆を深める役割も果たしています。例えば、定期的に行われる清掃活動や奉納行事などにより、地域の人々が一丸となって神社を支えています。このような地域密着型の運営が西当別神社の魅力の一つであり、多くの人々に愛され続けています。

コメント