必見!北海道東裏神社の魅力とその歴史

東裏神社 鳥居と社号標北海道神社・パワースポット
東裏神社 鳥居と社号標
スポンサーリンク

東裏神社について

所在地とアクセス

東裏神社は、北海道石狩郡当別町東裏2554番地に位置しています。公共交通機関を利用する際には、北海道医療大学駅から徒歩15分程度で到達することができます。自動車での参拝の方が便利です。

神社の規模と外観

東裏神社の社殿様式は、シンプルで美しい神明造です。社殿の面積は11.2坪(37.2㎡)で、境内全体の面積は1,229.73坪(4,099.1㎡)と広々としています。参拝者が訪れると、まず目に入るのは立派な鳥居です。また、境内には狛犬や手水鉢があり、本殿へ続く参道は整然としています。自然に囲まれた環境の中で、歴史を感じさせる佇まいが魅力的です。

東裏神社の歴史

創建と由緒

東裏神社は北海道石狩郡当別町東裏にある神社で、その歴史は明治29年に遡ります。この年、地元の篤志家である大江彦次郎が土地を寄附し、神武天皇を奉斎する形で創建されました。東裏神社は当初の設立意図を今に伝え、地域住民の間で尊重されています。そして、神社の名前は大正5年に後藤玄良が祭祀を行い、「東裏神社」と命名されました。

神武天皇の祭神

東裏神社の御祭神は、日本の初代天皇である神武天皇です。神武天皇は日本神話に登場する英雄的な存在で、数多くの神社で奉斎されています。当別町東裏2554番地に位置するこの神社は、宮中でも常に神武天皇を祀り、地域の人々が参拝に訪れています。神武天皇を祭ることにより、東裏神社はその精神的な支柱となり、地域の振興や平和を祈念する場として重要な役割を果たしています。

明治期から現代までの変遷

東裏神社はその創建以来、様々な変遷を経て現在に至ります。昭和43年には社殿の改築が行われ、その後の昭和55年には新たに募金による造営が行われました。これにより、社殿や境内はより現代風に整備され、訪れる人々に快適な環境を提供しています。また、神社周辺には開基百年記念碑や鳥居、狛犬、手水鉢、石灯籠などが設置されており、伝統と歴史を感じさせる要素が随所に見られます。当別町東裏の地域と共に歩んできた東裏神社は、これからもその歴史を紡ぎ続けていくことでしょう。

東裏神社の魅力

御朱印と例祭

東裏神社では、訪れた参拝者の間で人気があります御朱印をいただくことができます。御朱印は参拝の証として大切にされており、神社の神聖さと歴史を感じることができます。また、例祭は毎年9月7日に行われ、多くの地域住民や崇敬者が訪れます。この祭りは地域の伝統行事として親しまれており、神事や舞台演芸、出店など多彩な催しが催され、訪れる人々に楽しいひとときを提供します。

地域との関わり

東裏神社は、当別町東裏の地域社会との深い関わりを持っています。氏子世帯数は110世帯を数え、地域の住民にとって欠かせない存在です。神社は単なる参拝場所としてだけでなく、地域の交流の場としても機能しています。年中を通じて様々な行事が行われ、地域の住民が一堂に会することで、コミュニティの絆を深める役割を果たしています。

特別な神事とイベント

東裏神社では、例祭以外にも特別な神事やイベントが執り行われます。季節の変わり目や周年記念など、特定のタイミングで行われるこれらの神事は、地域の人々にとって非常に大切な意味を持っています。たとえば、開基百年記念碑の除幕式や新年の初詣など、特定のイベントには多くの参拝者が詰めかけ、東裏神社の神聖な空間で新たなスタートを切ります。こうしたイベントは、単なる参拝以上の価値を持ち、神社の更なる魅力を引き立てています。

コメント